学芸大学の整体ならWellness 学芸大学整体院へ

2005

知って活かせる豆知識

2005年

2005.12.22 脳と体

計算をしたり、本を読んだり、いわゆる「頭を使う」事だけが、脳を鍛えることではありません。「脳は体があってこそ。脳だけ働いていても健康な体が無ければ何もできません」 体が動くメカニズムは五感からの刺激が脳に伝わり、体を動かすために必要なプログラムが作られます。その情報が脳から運動神経、筋肉に伝達され体が動きます。
「筋肉の動きは出力。入力や思考だけで筋肉を使わなければ、脳は停滞してしまいます。また体を動かすことによって全身の血流がアップ。脳にも酸素がめぐり活性化します。より脳の働きを高めたいのなら、筋肉の動きを少し変えてみるのも良い方法。右利きの人が左手を使うだけでも、脳の中で新しい神経回路が出来ます。体を動かすことは脳を鍛えることになるのです」
脳を使うことで体は自由に動くようになり、筋肉を動かすことで得る刺激で脳は活性化されます。脳と体は一体。
体が弱くなれば、心も弱気になり脳の働きもダウンしてしまいます。普段の生活の中で体を動かすことが、脳ためにも重要になってきます。

2005.11.01 体の黄色信号を見落とさないで

診療内科外来は頑張り過ぎて倒れてしまった女性たちであふれているそうです。どうしてそんなにがんばってしまうのでしょう?
女性はもともとがんばれる身体構造を持っています。それは子供を生み育て、子孫を残していく為に備わった資質です。しかしそれが時にマイナス要因に成るのです。やればやるほど当たり前の事として周囲に受け止められそこまでしなくてもいいのに逆にせざるを得ない状況に陥ってしまうのです。
さらに女性の脳は男性の脳よりも情報を敏感に捉えるような構造になっていて、表情や言語の小さな変化も察知してしまうのです。これが周囲の目を気にし、がんばりに拍車をかけることに!仕事に出れば評価を得ようと いい妻になろうと いい母になろうと 認められようとがんばるのですが それが限界に達したとき、こころや体がSOSを出して病気になるのです。
過剰ながんばりは不安の裏返しです 100点取れなくても大丈夫!倒れる前に気付いて下さい。あなたの体と心のSOSを。

2005.09.05 バランスが大切!

夏休みも終わり いつものペースがつかめてきましたでしょうか?朝晩はだいぶ涼しくなってすごしやすくはなったといえまだまだ残暑は続きそうです
ちょうどこの頃から夏の疲れがチラホラではじめる頃です なんと言っても 睡眠・運動・食事 のバランスが重要ですどれがおろそかになってもこの時期疲れの引き金を引く事に 注意が必要です
その中でも食事はとうの本人もですが支度をするその人にとてもウエイトがかかるもの ご自身を含めご家族の食事大丈夫ですか?モリモリ食べれているから大丈夫ってわけではありません これもバランスが必要です しかし難しく考えずに5色を食卓に乗せる事でかなりバランスは取れるものです 白黒赤黄緑 です ご飯に黒ゴマで白と黒残り3色を見つければいいのです 簡単ですね!せひチェックしてみてください

2005.08.01 身から出たサビにご用心

※薬事法の関係により記事削除致しました。

2005.06.02 自分の心と体を守るセミナー

現在、私たちを取り巻く生活環境はどのような物質・エネルギーに影響され、私たちの身体と心には、どのような生体反応が起きているのだろうか。
また、どんな人でも健康グッズを持てば良い方向に変化するのだろうか。私たちは何を学び、できることは何なのか。未来の子供のために。

船井幸雄さん主催のセミナー 講師の一番手として我が東洋カイロプラクティック学院長鳥澤先生がお話になります

2005.05.14 5月病とストレス

※薬事法の関係により記事削除致しました。

2005.04.02 体に必要な6大栄養素

※薬事法の関係により記事削除致しました。

2005.03.31 サプリメント

ビタミンやミネラルをはじめ、毎日の食事だけでは足りない栄養素を補うために摂る。これがサプリメントを利用する主な目的ですが、最近では、ダイエットや美容、若々しさをサポートするものにまで、サプリメントの可能性は大きく広がっています。健康はもちろんの事、一人一人が自分の目的に合ったサプリメントを選んで、上手に活用していく事。そんな考えがこれからますます広がっていくはずです。私たちにとって基本となるのはやっぱり健康。サプリメントと上手に付き合いましょう

2005.02.03 統合医療を知っていますか?

※薬事法の関係により記事削除致しました。

2005.01.09 笑う門には福来る

※薬事法の関係により記事削除致しました。

PAGETOP
Copyright © Wellness Gakugeidaigakuseitaiin All Rights Reserved.