学芸大学の整体ならWellness 学芸大学整体院へ

まだ30歳なのに

まだ30歳なのに

30歳半ばにして“更年期”と言う言葉を自分に当てはめたいとは思わないだろう。たとえ、それに“前”が付いただけの前更年期だとしても。まだ、その年齢ではない。子供さえ、まだいないのだ。あるいは子供はまだ小学校を卒業してもいないのに。にも関わらず、身体の中で何かがおかしいと感じる。

食生活や運動の習慣が変わったわけではないのに、体重が増えた。生理前には特に乳房が痛み、コリコリしている。生理不順が始まり、性欲もいくらか減退し、肌はカサカサ、かつてほど滑らかではない。気分は安定しているほうだと自分では思っていたが、最近はイライラしたり、怒りっぽい。そして、朝ベットからなかなか起き上がれない。

同年輩の友達の中には、不妊、子宮筋腫、生理前症候群(PMS)など、それまではその年齢では起こるはずもなかった症状に苦しんでいる人がいる。

なにが起きているのだろうか。前更年期症候群だ。これは生命のもつ自然でさけることのできないものではなく、むしろ文化、ライフスタイル、環境によって作り出されたものである。

前更年期症候群は、女性なら誰でも体験している一現象だが、名前を知っている人はほとんどわずかだ。ここで言う症候群とは、更年期までまだ10年から20年はある女性達によって体験された症状の集合である。

続 医者も知らないホルモン・バランス
ジョン・R・リー  他/著
今村光一・伊藤由紀子/訳  より

認めたくない気持ちはわかります 誰に言うわけではありません

自分の身体です 自分でチェックしてみてください

地図で目的地への行きかたを捜す時のように まず現在地をしっかり把握してください。

そして そっと読み進めてください。

その前にピルを使用中の方はまず下のサイトをチェックしてください。

http://home.att.ne.jp/sea/pill-110/

他人に言われるがままではなく、良いところ 悪いところきちんと理解したうえで使いたいですね。

女性のホルモンバランス

エストロゲンとプロゲステロンがお互いシーソーのように微妙なバランスを保ち1ケ月の周期をきざんでいます。
*食生活 *ストレス *環境ホルモン *年齢 等
の影響により エストロゲンが優勢状態の時 不快症状がいろいろと出てきます
どうやら残念ながらエストロゲン優勢が20代の方にも結構見られます

特に女性の場合は生理がありますので そのチェックはわかりやすいですね
*周期 *量 *精神面での変化 *生理前後の身体の発する各種の痛み等が2.3ケ月続いたらホルモンバランスの乱れを疑ってもいいです

またエストロゲンが優勢状態になっていると下記のよな症状状態が現れることがあります

老化現象の加速化 / 喘息、ジンマシン、発疹、鼻づまりなどを含むアレルギー症状/ 乳癌/乳房の痛み / 子宮頚管異形成 / 冷たい手足 / 銅の過剰 / 性欲の減退 / 不安、動揺を伴う、ふさぎ込み / 乾き目 / 月経の早すぎる開始 / 子宮内膜癌 / 腹、臀部、大腿への脂肪蓄積の増加 / 疲れ / 乳腺繊維種 / もうろうとした思考 / 胆嚢疾病 / 抜け毛 / 頭痛 / 低血糖症 / 血液凝固の増加(脳卒中の危険性) / 不妊 / 生理不順 / 過敏症 / 不眠症 / マグネシウム不足 / 物忘れ / ムラ気 / 骨粗鬆症 / PMS(生理前症候群) / 多嚢胞性卵巣 / 前更年期の骨の質の低下 / 前立腺ガン / 不活発な新陳代謝/ 甲状腺機能低下症に似た甲状腺不全 / 子宮癌 / 子宮筋腫 / 浮腫、むくみ/ 亜鉛不足

PAGETOP
Copyright © Wellness Gakugeidaigakuseitaiin All Rights Reserved.